NEWS

ニュース

株式会社日本エイジェントは、松山市社会福祉協議会と地域福祉活動推進を目的とする協定を締結し、2020年11月5日に調印式を行いました。12月1日よりスタートする松山市内の独居高齢者対象の「かぎ預かり緊急対応事業(かぎ預かりSOS)」において連携し、独居高齢者の見守りを協力して行なっていきます。

 

 

■かぎ預かり緊急対応事業(かぎ預かりSOS)とは?

松山市内(興居島・中島除く)に住所を有する65歳以上のひとり暮らし高齢者の方のご自宅の「かぎ」をあらかじめお預かりし、日常の見守りにおいて様子がおかしいと思われる時に緊急連絡先や民生委員などへ状況を確認したうえで、お預かりしている鍵を使って家屋内に入り、安否確認をするという仕組みです。希望者は、松山市社会福祉協議会に申込み、契約事項に同意して契約した後、自宅のかぎを預けます。お預かりした鍵は専用の封筒に入れ、業務提携を行った日本エイジェントが保管。万が一の際にはこのかぎを持ち出し、契約者宅のかぎを開錠します。

 

■今後は、地域の“お困りごと解決”についても連携

今後は、日本エイジェントが住まいのお困りごとを解決を目的に地域住民に提供している「レスQたすけ隊」サービスでも松山市社会福祉協議会と連携し、松山市民が安心して暮らせる豊かな福祉社会の実現に向けて協力してまいります。