不動産オーナーのための賃貸相談サロン|東京、愛媛県松山市の賃貸管理会社|日本エイジェント

満室レシピ

【空室対策】リフォームするなら、「ドア」や「建具」にも注目!

2021.03.03

今回は、お部屋の印象を左右する「ドア」や「建具」のリフォームについてご紹介します。

■リフォームしてもなぜか「古めかしさ」が残ってしまう理由

リフォームで、「壁紙」や「床材」を貼り替えるとお部屋は見違えるほど綺麗になります。ただ、リフォームしたのに「どことなく“古めかしさ”を感じる」なんてことはありませんか?
その原因は、「ドア」や「建具」「窓枠」などの木部にあるのかもしれません。せっかく壁紙や床材を張り替えても、ドアや建具、窓枠などの木部がそのままだと、やはり“古めかしさ”が残ってしまいます。リフォームする際には、ぜひ「ドア」や「建具」にも注目してみましょう。

■「ドア」や「建具」のリフォームで、お部屋の印象は変わる

リフォームする時に、壁紙や床材と合わせてドアや建具を変えると、お部屋の印象はガラリと変わります。昔と今ではドアや建具のデザインも大きく変化しているため、壁紙や床材を貼り替えただけでは、どうしてもチグハグ感が出てしまうのです。例えば、昔の建具は、全面が白やグレーのものが多く、少し安っぽい感じがするのですが、それに比べて最近のドアや建具は、木の温かさを感じる木目調のものや、スリットが付いたものなど、デザイン性が高いものが使われています。昔の建具と最近の建具はかなり雰囲気が違いますので、昔のものをそのまま使用していると、どうしても“古めかしさ”や“チグハグした印象”を与えてしまうことになります。

■「交換しない」ドア・建具のリフォーム

しかし、「ドア」や「建具」そのものを交換するとなると、やはり費用が高額になってしまいます。長期的な視点で考えると、交換した方がもちろんいいのですが、どうしても費用が捻出できない場合は、「建具の表面に壁紙シートを貼る」方法もオススメです。交換するより費用はかなり安いのですが、それでも印象はガラリと変わります。
壁紙や床に合わせて、同じイメージの壁紙シートを張ったり、建具を黒やグレーのモノトーンで仕上げて、ワンポイントのアクセントにするなど、自由度の高いリフォームが可能です。

大がかりなリノベーションはもちろん、ちょっとしたリフォームでも、その見せ方で入居者に選ばれるかどうかが決まります。プロパティマネジメント課では、「決まる部屋作り」をオーナー様にご提案させていただきます。お気軽にお問合せ下さい。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
空室対策や相続対策など、賃貸経営に役立つ各種セミナーを開催中です。
オンラインでの受講も可能ですので、ぜひご参加ください。

《セミナー参加はこちらから》
https://www.nihon-agent.co.jp/chintaisodan-salon/seminar-archive/

國井 直樹
株式会社日本エイジェント 資産運用事業部 プロパティマネジメント課 統括

國井 直樹

空室対策のご提案やイベントでの良質な情報発信を通じて、管理物件のオーナー様満足を追求しています。

記事カテゴリ一覧

Contact

お問い合わせ
  • 東京

    TEL:03-6206-3003

    10:00〜19:00(水曜定休)
  • 松山

    TEL:089-911-2510

    9:00〜18:00(定休なし)
#

無料相談
資料請求

Contact
#

会員登録

Request