不動産オーナーのための賃貸相談サロン|東京、愛媛県松山市の賃貸管理会社|日本エイジェント

満室レシピ

今年の繁忙期に人気だった、リフォーム部屋の実例紹介します

2022.05.16

入居者がなかなか決まらなかったお部屋が、今年は、空いたらすぐに契約につながる人気の物件に生まれ変わりました。その秘密はリフォームにあります。今回は、人気のリフォーム事例について、ご紹介します。

■古いフローリングは、明るいクッションフロアへ

リフォームで、「床材」を貼り替えるとお部屋の印象は大きく変わります。

特に年数の経ったフローリングは古い印象があり、若い方には人気がありません。

第一印象を良くするために、まずは床財の貼替がオススメです。もちろん床材やデザインは多種多様ですので、その物件に合ったお客様の層に合わせて選ぶことが大切です。特にデザインは重要で、基本的には明るめのナチュラルな色や白っぽい色が好まれる傾向にあります。

■洗濯機を、バルコニーから室内へ

入居が決まらないランキングで常に上位にあるのが、ベランダなど屋外に洗濯機置き場がある物件です。ご来店されるお客様の多くが、「室内に洗濯機が置きたい」と言われます。その時点でバルコニーに洗濯機を置くお部屋は条件から外れてしまいます。もちろん室内に洗濯機を置くには、設置のためのスペースと給水排水が取れるということが条件になりますが、是非一度ご検討されてみてください。

■より効果的なリフォームは、“掛け算方式”

リフォームもポイントを押さえておかないと、無駄に費用を掛けてしまい、入居も決まらないという結果になってしまいます。
そこで、「床の貼替」だけでなく、入居者にとってのメリットを「もう1つ追加」することで相乗効果が生まれます。例えば、今回は「床材の貼替」×「洗濯機置場の室内移設」で非常に効果が出ました。

また、「床材の張替」×「ダウンライト照明へ交換」や「床材の貼替」×「壁紙1面をアクセントクロスに変更」などでも、お客様をご案内したときの第一印象は大きく変わります。一番のポイントは「床材の貼替」ですが、それにもう一つリフォームをプラスすることで相乗効果が生まれ、空室対策効果は更に高まりますので、床材を張替する際には、プラスαのリフォームもぜひご検討下さい。

大がかりなリノベーションはもちろん、ちょっとしたリフォームでも、その見せ方で入居者に選ばれるかどうかが決まります。日本エイジェントプロパティマネジメント課では、「決まる部屋作り」をオーナー様にご提案させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

リフォーム・リノベーション

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
空室対策や相続対策など、賃貸経営に役立つ各種セミナーを開催中です。
オンラインでの受講も可能ですので、ぜひご参加ください。

《セミナー参加はこちらから》
https://www.nihon-agent.co.jp/chintaisodan-salon/seminar-archive/

國井 直樹
株式会社日本エイジェント 資産運用事業部 プロパティマネジメント課 統括

國井 直樹

空室対策のご提案やイベントでの良質な情報発信を通じて、管理物件のオーナー様満足を追求しています。

記事カテゴリ一覧

Contact

お問い合わせ
  • 東京

    TEL:03-6206-3003

    10:00〜19:00(水曜定休)
  • 松山

    TEL:089-911-2510

    9:00〜18:00(定休なし)
#

無料相談
資料請求

Contact
#

会員登録

Request